口腔カンジダに対する一般的な治療法について

 

口腔カンジダは、常在菌であるカンジダ菌が多くなった状態を指します。いつもは他の菌と共存するように、一定以上の増殖はしないような働きが成されています。しかし、ステロイドなどの治療によってバランスが崩れると、たちまちカンジダ菌が活躍できる環境が整ってしまうのです。その結果、口腔カンジダという状態に陥ってしまうのです。

 

内服治療を行う場合には、全身状態の変化にも気を配る必要があります。何気なく効果が高いからといって採用したとしても、その後の生活に不具合が生じるかもしれないのです。

 

健康管理に配慮しているのであれば、口腔カンジダの症状がどのような不具合をまねくのかを知っておくべきです。食の楽しみを減退させる味覚障害が発生する可能性もあり、できるだけ口腔カンジダにかからないような生活スタンスを取り入れる必要があるでしょう。

 

リスク管理は発症してからでは意味がありません。健康なうちに口腔カンジダについての知識を学んでおくことによって、自分が何をすべきかを考えることが、疾患の予防や早期改善のカギとなるのです。

 

抗真菌薬だけでは対抗できない場合もあるので、口腔ケアと並行しながら口腔カンジダを撃退するのが、一般的な治療法かもしれません。

更新履歴